乗船日数800日のクルーズアドバイザーブログ

ヨーロッパリバークルーズ、地中海クルーズなどをメインに、その他日本発着クルーズなど、手配から添乗まで終始一貫したプロデュースで20年

日本でも楽しめる海外クルーズ!新しい旅のスタイル好評です!


 仕事柄、一年間の間に欧州リバークルーズ、地中海、バルト海クルーズなどには度々エスコートで出かけます。しかし余程でない限り、海外クルーズともなるとそんなに何度も簡単に行けるものではないと思っています。


 これまで約800日以上も海外クルーズへ出かけ、様々な経験ができたのはクルーズ愛好家の皆様のお陰。クルーズ愛好家の皆様へのご恩返しとして、新しい旅のスタイルとして「シリーズ~日本で楽しむ海外文化~」を実施しており好評です!
 具体的には一例ですが、現在名古屋市美術館で「モネ、それからの100年」を開催しています。

これまで、パリからノルマンディまで『モネの足跡を訪ねて』など題したセーヌ河クルーズに度々ご案内しているので、現地パリやジェベルニー、《絵画:日の出印象》の舞台になったオンフルールなどで「モネの生き様」を解いてきましたが、それらを美術館に入る前に美味しいランチを食べながら、セーヌ河で解説しているのと同様に解説。そして、ある程度の「モネ」や「印象派」の知識を身につけてから美術館へ入館し、さらにオーディオガイドで解説を聞くと、あたかも実際にフランスを約300Kmもセーヌリバークルーズを楽しんでいるかの如くになるから不思議!と、かなりご好評です。


 これからセーヌ河リバークルーズにいつか行ってみたいと思っている方には「出かける前の楽しみ」に、また既にセーヌリバークルーズに出かけた方々には「あの時の感動がまた甦り、しかも物事の真意が深く理解できる」とご好評です。

 これまでに地中海クルーズで「レオナルドダヴィンチ×ミケランジェロ」(岐阜市立美術館)や、バルト海クルーズで「大エルミタージュ展」(愛知県美術館)やローヌ河リバークルーズで「ゴッホ×ゴーギャン」(愛知県美術館)など開催しましたが、どれもそんなに簡単に行けない場所だけに「日本で楽しむ海外文化」として楽しんで頂きました。


皆様のお近くでも様々なテーマの展覧会がきっとあるはず。海外クルーズへ「行く前、行った後の楽しみ」として新しい旅のスタイルを楽しまれては如何?


詳細は下記にてご紹介⇓⇓⇓
お問い合わせや参加ご希望は✉ info@tourstation.jp 担当:加藤まで