乗船日数800日のクルーズアドバイザーブログ

ヨーロッパリバークルーズ、地中海クルーズなどをメインに、その他日本発着クルーズなど、手配から添乗まで終始一貫したプロデュースで20年

東欧ドナウ河リバークルーズ  視察 1日目を終えて


ドイツ黒い森のドナウエッシンゲンという小さな泉に端を発して黒海まで約2,850Km   1日目は黒海へのドナウ河流入ポイントである「トルチャ」からボートで1991年に世界遺産に登録された「ドナウ・デルタ」をクルーズ。 アテンドしてくれたのは地元で28年ドナウ・デルタ専門IBIS TOURS Manager&GuideのMr.Daniel。流石地元で28年経験、且つ自らGuideするだけあり、自然相手とは言え野鳥が大体どの季節、どの時間にいるのか全て把握。頭の中にGPSが入っている。要するに今の季節はまだアルプスからの雪解け水が多くお目当てのペリカンはまだ水かさがあり、見られない。6月位から水位がどんどん下がり最大4mは下がる。水位が浅く且つ魚が豊富にいる環境を知っていれば、間違いないと。こればっかりは魚群探知機、GPSでも無理、長年の経験がものを言う。リバークルーズで、黒海に流れ込む河口までクルーズできる会社もあるにはある。しかしドナウ・デルタにはドナウ中流域と違い「ロック」がなく、水位調整ができない。したがって河口まで行けるか否かは「一か八か」自然任せ。 
最近は行けなかった時のトラブルに巻き込まれるクルーズ会社も多いとの事。旅程の安全性をとるならばブカレスト近くのジョルジュ発クルーズを選択した方が、無難です。






リバークルーズ、経験者自ら視察に行って様々細部まで確認してからお客様へご提案

ドイツのシュバルツバルト(黒い森)の中にある小さな泉に端を発し、様々な支流が合流。
ドイツ、オーストリア、スロバキア、クロアチア、ハンガリー、セルビア、ルーマニア、ブルガリアの9カ国を通り黒海へと注ぎ、古より民族、宗教、文化を滔々と運んできた全長約2850Km の大河ドナウ。
再来年、クルーズ愛好家の方々とドナウ・マイン・ライン運河を経て、黒海のドナウデルタからオランダ アムステルダムまで気の利いたリバークルーズ船で出かける予定。日本にいても勿論、簡単に机上で企画はできる。しかし、弊社は経験者=添乗員 自らが実際に経費を払い視察に赴き企画をしています。


その中で当然視察には選択ミス、失敗もある。しかし「失敗は成功の始まり」とは良く言ったもので、毎日視察レポートを省らかに書留めて、ある程度は現場でつくり、そして帰国後、更に検証を重ねて一つのコースを毎回「旅づくりの職人」として作り上げています。
今時はネットで簡単に調べて企画はできるが、やはり紙一枚の企画になるまでにどれだけ手間隙かけた企画か、これはお客様への説明会、実際の添乗時、大きな違いになる。


今回は、ドナウ河が黒海に注ぎ出るドナウデルタからルーマニア、ブルガリア、セルビア、ハンガリーと約300Kmのドナウリバークルーズ。クルーズ船は「気の利いたリバークルーズ船」をプロフェッショナルの目利きとして厳選したAMA WATERWAYSの『アマチェルト』。本日からしばしドナウリバークルーズ「東欧の宝石」にお付き合い下さい。

中部セントレア国際空港へ フライ&クルーズの夢

セントレア空港開港以来撤退した航空会社は、カンタス航空、ニュージーランド航空、KLMオランダ航空、エアカナダ、エールフランス等々数知れず…。


「世界のクルーズ愛好家が訪れたくなるセントレア」を目指して、2019年9月1日国際展示場オープンに合わせて、「先ずはできる事」をBestTryし、外航クルーズ乗船日数800日を超えた経験を故郷の為に活かしたいと考えている。


世界のクルーズ市場は大型、超大型クルーズ船で凌ぎを削って悪戦苦闘しているが、そんな大型クルーズ船ではなく、セントレア空港らしさを全面に打ち出し、中型船やブティッククラスの客船を狙うべき。世界のクルーズ愛好家が支持するクルーズ船のハブが出来たら、世界のクルーズ愛好家は黙ってはいない。必ずや北米、欧州、オセアニアから中部セントレア空港へフライ&クルーズで訪れる。


更に言うならば、「モノづくり王国愛知」として、LEXSUSブランドクラスのクルーズ船を世界のTOYOTAが新進気鋭の工業デザイナー水戸岡鋭治氏らとタッグを組み、日本から撤退寸前のクルーズ造船分野に経済産業省と官民共同で歯止め効かすぐらいのダイナミックな展望を持って故郷の為に尽くしたい。


先ずは「できる事から」!