乗船日数800日のクルーズアドバイザーブログ

ヨーロッパリバークルーズ、地中海クルーズなどをメインに、その他日本発着クルーズなど、手配から添乗まで終始一貫したプロデュースで20年

東欧ドナウ河リバークルーズ クルーズ船セレクト編

欧州にはドナウ河はじめローヌ河、セーヌ河、マイン河、ライン河などに、
約300隻ものリバークルーズが航行している。

一般的に、どうも殆どの日本人は「クルーズ船」を選ぶという事はしないようだ。
しかしグァムやハワイのリゾートホテルもピンからキリまである様に、クルーズ船にもかなり差がある。
旅行会社のパンフレットやクルーズ専門誌、枚挙に暇がない昨今のクルーズTV番組など、どのクルーズ船もとても素敵に美辞麗句を並び上げ表現されてしまっているのが実情。では約300隻アレもコレも全て良いクルーズ船になってしまう。

クルーズのミシュランとも言うべく「Berlits」もダグラス・ワード氏による個人的評価、又CruiseCriticなるお客様評価基準もあるが、実際に私はこれまで約300日ほど実に様々なリバークルーズ船に乗船してきたが、必ずしも、食、掃除具合、清潔度合が評価どうりかと言うと必ずしもそうでないと最近良く解ってきた。

又昨今は中国人の方が私共日本人より遥かに裕福な方々が増え、欧州リバークルーズに乗船しても過半数以上が大中国圏というリバー具合船はかなり増えている。リバークルーズセレクト、どの旅行会社で行くかも勿論大切だか、むしろ「どのクルーズ船に乗船するか」ここは旅の印象を決定的に良くも悪くも変えるので、実際に乗船経験が旅行会社にあるのか、ないのか良く確認してから予約をした方が良い時代です。クルーズ船選びは慎重に!